マンションが更に蘇る【ビフォーアフターはリフォームで】

全て電気で

給湯器

オール電化にリフォームして光熱費を安くする

住宅の設備も性能がよくなってきており、色々な機能をもつ製品がでてきている状況です。そんな状況のなか、オール電化にリフォームする住宅が増えているのです。オール電化とは住宅で利用するエネルギーを、全て電気を使うことでまかなおうとするシステムです。ここではオール電化にリフォームする事で、どんなメリットがあるのか紹介していきます。一番のメリットは、光熱費が安くなるという事です。住宅の設備において、一番エネルギーを使用するものは給湯器になるのです。その給湯器をガスを使用せずに、電気を利用する事で安くできるのです。電気は夜間の電気料金が安くなるため、安い時間帯の電気で給湯器を利用する事で、ガスを利用した時よりも光熱費が安くなるのです。

コンロの汚れが落ちやすくなる

またオール電化にすると、電気会社から割引制度がある場合もあるのです。ガスも全く利用しなくなるため、解約する事でガスの基本料金が発生しなくなるのです。こういった理由から、オール電化にリフォームする人が増えているのです。またガスはプロパンガスの場合は都市ガスよりも単価が高いため、プロパンガスを利用している人がリフォームで、オール電化に変更する人も多いのです。光熱費が安くなる以外にも、コンロの掃除が楽になるというメリットもあるのです。電気のコンロは火を使用しないため、食材がこげる事がないのです。料理後の洗い物で落ちない汚れというのは、炎によって焦げた食材が多いのです。ですから炎を使用しない電気のコンロは、汚れが落ちやすいのです。