マンションが更に蘇る【ビフォーアフターはリフォームで】

知っとくこと

家の模型

システム導入のメリット

オール電化のメリットはガス代や暖房用灯油代などの費用がかからない。 なお安い深夜時間帯を利用するために電気代が安くなる。 オール電化はガスと違い直接炎が発生しない為、室内での着火事故を減らすことができる。 ガスは住宅内に熱源を引き込み使用するがオール電化の場合熱源を引き込まないシステムであり、ガス漏れや不完全燃焼による一酸化中毒のような事故は発生しない。 またオール電化に用いられる蓄熱暖房器は室内を一定温度に保つ点で優れている為、北海道のような寒冷地でよく発生する水道配管凍結などのリスクが非常に少ない。蓄熱暖房器は蓄熱レンガを深夜に電気ヒーターで暖め24時間自然放熱によって室内を暖める為、火気を必要としていないため安全面にも優れている。

システム導入のデメリット

オール電化のデメリットは、深夜電力を安くする契約の為に昼間の電気代は通常よりも高額に設定されている。 なおオール電化システムにするためにはオール電化専用クッキングヒーターや蓄熱暖房器、電気給湯器などが必要となる。この初期費用としての設置費用が高額なものとなる。その他、調理器具で言えばIH専用の調理器具しか使用できないために買い替えが必要となる。今までガスレンジを使用していた方なら、若干火力に不満を持つ方もいるかもしれない。 このようにオール電化は良く安全配慮されたシステムなので金銭面に関するデメリットが多い。その上昨今は各地で電気料金の値上げが行われている。一般家庭よりもオール電化の需要家の方よりダメージを受けているようだ。