マンションが更に蘇る【ビフォーアフターはリフォームで】

リフォームと事情

部屋

最近の住宅事情は一昔前とは少し変わってきています。新築で買った家も長年経過するとどこからか痛みが出てきます。これがひどくなると、そのまま住み続けるというのが難しくなります。バブルの前の頃はリフォームをするよりも一介解体して再建築するという方法がありました。いわゆるスクラップ&ビルドと言う考え方です。このスクラップ&ビルドは全く新しいものを作ると言う意味では優れた考えですが、価格や環境問題などを考えると今の時代には合わなくなりました。 そこで最近は家を解体したり再建築するのではなく既にある家をリフォームするという考え方が一般的になってきています。リフォームの最大のメリットは安い価格でできることです。

リフォームの方法としては柱だけを残してそれ以外をすべてスケルトンにしてしまい、そこから新しく作り直す方法です。 これに似た方法でリノベーションという方法があります。リフォームとリノベーションの違いは、新築だった状態に戻すか、それとも新築の時よりも付加価値をつけて住宅そのものの価値を上げるかの違いです。 リノベーションが話題になったのはテレビ番組がきっかけですが、最近は中古住宅を購入してリノベーションするという人も増えてきています。 これは中古住宅増えてきているという時代背景もありますが、新築住宅を購入するよりも中古住宅を購入して、その後リノベーションした方が価格が安くなる事がその理由になっています。