マンションが更に蘇る【ビフォーアフターはリフォームで】

地震に耐える

女性

今後期待されるリフォーム工事

日本全国に大地震の可能性があるため、各地でそれぞれの耐震リフォームを行う必要があり、積極的に採用されています。今後期待される耐震リフォームには地震の揺れだけでなく、火災等の二次災害を減らせる施工が求められており、最新の研究が進められています。 現在行われている耐震リフォームでは、揺れを軽減し逃げる道と時間を確保するために必要不可欠な工事ですが、その後発生が予測される火災に対しては何も取られていないのが現状です。そこでリフォームに期待されるのが耐火を備えた壁や柱の使用であり、延焼しにくい素材の開発が期待されています。その素材を開発する事で、地震だけでなく火災にも強い住宅になるため、あらゆるトラブルから保護できます。

耐震リフォームの注意点

地震対策のリフォームとして耐震を強化する取り組みは広まっていますが、中には対策になっていないリフォームもあるため、慎重に見極める必要があります。せっかく高額なリフォーム費用を支払っても、耐震効果が得られなければ強い住宅では無いため、何度も効果を確認する事が大切です。 耐震リフォームを依頼する時は、どのような効果が得られるのか、しっかりと把握する事が大事であるため、提案されたリフォーム案件は全て実験と研究データを請求すると良いです。どの地域で実際に取り組まれた耐震リフォームなのかを知る事で、地盤や環境に適した施工となり、年数や期待される効果を知る事で、安心して暮らせるかどうかを知る目安にもなります。