マンションが更に蘇る【ビフォーアフターはリフォームで】

トレンドを知る

男女

リフォームのトレンド

とある企業アンケートによると、近年リフォームを行う最も多い世代は、50代・60代のシニア世代です。これはやはり、リフォームを行う上で一番問題になる「お金」に余裕がある世代であるからと言えます。また、金額別の統計では、2000万円以上の大規模リフォームは20代〜30代の若年層が最も多いという結果となっています。これは、古い中古住宅を安く購入し、大規模なリフォームを行うことで新築さながらの住まいを作るという人が増えているからとのことです。リフォームを行う部位としては、1位が洗面所、2位が浴室、3位がトイレという結果になっており、生活する上では欠かせない水回りを、快適に使いやすくしたいという要望が多いということが判ります。

実際に工事を行うまでの流れ

リフォームを行う場合、最大のハードルがお金です。場合によっては数千万と高額になってくるので、そうなると一括では払えません。そこで活用できるのがリフォームローンです。このローンを利用する場合、自治体によっては補助金が出るので、そちらの確認も必要になります。リフォームを行いたい場所と費用など、具体的にイメージが整ったらリフォーム会社に見積もりを依頼します。この際、専門業者や住宅設備会社、近くの工務店など数社に声をかけ、詳しく相談し、じっくり検討することが大事です。その中で、一番良いと思う会社を選び、さらに詳しく相談していけば、最終的なプランが出来上がります。そのプランに納得がいけば工事が行われ、リフォームを行うことができます。